Company Overview


President's Message

文字情報処理を通じて社会に貢献する

私たちは、会社設立以来「文字情報処理を通じて社会に貢献する」ことを理念に掲げ、美しい文字組版に取り組んでまいりました。

組版、製版、集版の周辺機器は目まぐるしいスピードで進化しています。ほんの10数年前、写植と呼ばれていた組版技術は、DTPに取って代わられ、その面影さえありません。また、パソコンの普及、プリンター、コピー機の性能向上により印刷そのものが自分でできる時代になりました。パソコンの編集ソフトで十分間に合う印刷物であれば、それでもいいのですが、より美しく、分かりやすく見せたい商業印刷(カタログ、パンフレット、ちらし等)や情報印刷(雑誌、書籍等)には、プロの技術が必要です。機械の性能がいくら向上しても、デザイン、編集、組版が人の手作業で行われる以上、品質を決定づけるのは、最終的には人の技術力に他ならないからです。かつて、電算写植とよばれていた時代から、永年にわたり培った私達の技術力は、どんな高度なご要望にも対応できると確信しております。

これからの印刷・広告・コミュニケーションを取り巻く環境は、数年、いや数ヶ月単位で激動する可能性があります。時代に合わせた経営戦略を踏まえた販促物の効果を上げるためには、送り手と作り手の意志の疎通が欠かせません。宣伝、広告の目的、戦略を十分ヒアリングし、弊社(ジャパンアート)の「正確で美しく、スピーディな技術」をフルに発揮し、単に作り手にとどまらず、お客様の市場環境に合わせた、ふさわしい企画・デザインをご提案いたします。

 

ジャパンアート 社長

代表取締役社長 加藤和英


Location

株式会社ジャパンアート

〒112-0005 東京都文京区水道1‐4‐9

TEL 03-5840-6363

FAX 03-5840-6450


History

1990年 8月  株式会社ジャパンアート設立(熊本県熊本市中央街6-7)

1995年 7月  本社移転(熊本県熊本市上林町1-11)

1998年11月  東京支店開設(東京都千代田区三崎町3-2-14)

2001年 3月  本社移転(熊本県熊本市神水1-24-6)

2004年 5月  プリント・プラザ開設(東京都千代田区三崎町2-9-2)

2005年 5月  竹橋プリンティングセンター開設(東京都千代田区一ツ橋1-1-1)

2008年 5月  プリント・プラザ、竹橋プリンティングセンターを併合し文京区水道1-4-9に移転

2011年10月  熊本本社を東京支店に統合


Impressions

Logo concept

ジャパンアートロゴ コンセプト